0000
知能ロボコンオフィシャル掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
タイトル
識別コード
メッセージ
SPAM 対策中 メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないようにしてください。URLはそのまま書くと自動的にリンクになるので、最近のSPAMの傾向のHREF=も禁止語にしました(URLの比率が高いと、はじかれますので、URLだけのリンクにせず、本文の一部として入れてください。)。
投稿ボタンはよく見て押してください。また、対策コードを追加しました。>0123
なお、このページを開いて長時間放置すると書込がはじかれる場合があります。
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

メイル008 投稿者:くま@委員会 投稿日:2010/06/06(Sun) 06:19 No.1097  
[Robocon10 008] Misc information / 参考情報

をお送りしました。主に、大会参加に関する重要な参考情報をお知らせしています。


メイル007 投稿者:くま@委員会 投稿日:2010/06/01(Tue) 01:01 No.1096  
[Robocon10 007] RobotID, Lunch / ゼッケン番号、お昼

ゼッケン番号およびロボットに貼るゼッケン、お昼の予約について、お知らせしました。

また、皆様のご協力により、今年もコンテンツ豊富なパンフレットができそうです。ありがとうございます。


メイル005,006 投稿者:くま@委員会 投稿日:2010/05/26(Wed) 11:24 No.1094  
[Robocon10 005] Check pamphlet info / パンフレット情報の再確認
[Robocon10 006] Trial course / 試走台

をお送りしました。

前者はまもなくパンフレットの締め切りがあるので、データの再確認依頼です。どう考えても寸法をセンチ単位でいれて小さくなったロボット、速度も遅すぎるだろというロボットがあります(競技台を端まで行くだけで制限時間、みたいな)。
よく再確認して下さい。審査の時も参考につかわれているので、「?」が残っていたりすると印象が芳しくありません。ロボットの仕様技術や「ひとこと」も理解を助けるのに便利です。

後者は科学館に設置した試走台の利用についてです。
良く読んで下さい。

なお、いまのところ、辞退勧告に対する返答はきつつありますが、まともなメイルがきません。具体的にはIDもロボット名、チーム名、氏名もなく、ただ一言「辞退しません」と書いてあるという、携帯電話のローカル文化そのものようなひどい物が届いています。こういうメイルは社会的に通用するものでは無く、教育上も良くないので:-)その旨返事するとともに受け付けていません。
どこのどのロボットが、どういう状況でどうすれば間に合うのか、より具体的にお知らせ下さい。
(むしろ、辞退勧告ではないチームから(びっくりして)届く「辞退しません」メイルの方がずっと丁寧でいいものが届いています)


Re: メイル005,006 くま@委員会 - 2010/05/29(Sat) 00:54 No.1095  

現在パンフレットの確認作業をしています。そのなかで再確認してもらった方が良さそうなチームに、005と同じようなメイルを005Bとして再送しました。
005Bが届いたところは至急再確認をお勧めします。


メイル004 / X00 投稿者:くま@委員会 投稿日:2010/05/23(Sun) 10:52 No.1093  
本日の登録完成の締め切りを受けて、チェック作業およびメイル通知をしました。
・写真がなく、登録の有効性が確認できなかったチーム→ X00
・登録の有効性を確認したチーム→
 [Robocon10 004] Robot validation / ロボットの登録確認
をお送りしています。
後者のメイルは
「問題なさそう」 
「現時点で不完全そう」(このままだと間に合わなさそう) 
「辞退勧告」(一般的にはこのまま大会には無理)
の3段階の判断をつけています。
映像審査は行いませんが、「辞退勧告」が出た場合は一種の書類審査的位置づけと真剣にお考え下さい。対応等、メイルをよくご確認下さい。


映像アップロードのための... 投稿者:くま@委員会 投稿日:2010/05/23(Sun) 07:35 No.1092  
登録システムにある、映像送信に関するサイズの調整方法について、参考までお知らせします。
システムではファイルサイズは最大でも3M程度とすることをお願いしていますが、今時のデジカメ等で撮影すると意外に巨大なものができますし、映像編集ソフトなどの出力も細かな調整がききにくいことがあります。
そのような場合以下の方法をお試し下さい。
(普段、学会に投稿する映像を限界ぴったりに合わせたりするのに私自身が使っている方法です)

1:ffmpegを入手する

変換にffmpegというソフトを使います。オリジナルはソースでのみ配布されていますが、Windowsで動くようにしたものをΦ付しているところがあるので、それをもらってきます(macもあるとおもいます)。
たとえば、"ffmpeg windows"でgoogleして簡単に見つかる、
http://i43z.com/ffmpeg%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89/616.html
など。
なお、バージョンが古すぎる物は下記のオプションが効かないので更新日などを確認して下さい。

2:変換する
ffmpeg.exe および変換元ファイルが c:\movieにあるとします。

・操作例:
コマンドプロンプトを開く→
cd c:\movie
(d:\movieの場合には、d:とcd d:\movie が必要)

ffmpeg.exe -i ballip.wmv -s 360x240 -vb 300000 -an -vcodec mpeg4 ballip.mp4

これで、ballip.wmvからballip.mp4ができます。

説明:
・-i ファイル名 :ソース、形式は自動判別
・-s サイズ :画面の大きさ。ソースがHDの時は適宜修正
・-vb ビットレート :ファイルサイズ、画質に影響
・-an :オーディオ無し(その分画質に振り向けられる)
・-vcodec 形式 :ffmpeg -formats で一覧が出てくる
 mpeg1video (普通のmpeg) mpeg4(mpeg4) wmv2(Windows Media Video 8) あたりが無難
 mpeg4が低ファイルサイズで高画質になりやすいかんじ (再生にはquicktimeなど必要)
・出力ファイル名 (拡張子はファイル形式に対応した物を適宜)

調整箇所
・-vb ビットレート :大まかにビットレートを指定できる(指定の通りにはならず)。
 最終的なファイルサイズはほぼ比例するので、これを調整して最大でも3Mバイト程度に
 なるようにする。大きい方が画質は良い。
・-s :ビットレート調整で画面全体が粗くなったときは画面の大きさを下げると
 見た目が良くなる

出力されたファイルの再生確認は必ずして下さい。
なお、打ち込むのが面倒なので、メモ帳あたりであたりで書いてコピペした方が良いでしょう。
上の例は音を削っています(案外、音のデータがばかにならないのに、いらないことが多いため)。もし、ナレーションなどを入れたいという場合は、音のコーデックの選択なども必要になるので、ネットで探してみて下さい。

以上、ご参考までお知らせします。
現時点で、映像審査は予定していませんが、推薦、その他の参考情報として使用します。

| | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -